家つくりの変更は、少しの直しでも莫大な費用のかかる場合がある

家つくりは簡単に作り直しができないため、厳重に管理をする

サッシが現場に納品されない限り、構造体の大きさを変更することはできません。同時にその他の工事、たとえば断熱材を入れたり、外部の防水紙を施工することもできなくなります。つまりサッシ一つを変更することによって、工期が遅れてしまうということになるわけです。また、当然ながら一度できているものを取り壊してやり替えるわけですから、工事費も増してしまいます。壊す費用や、壊したものの処分費、さらにはやり替えに対する追加費用が発生することになるわけです。意外とこの追加費用が割高になります。

さらにクロゼットの広さが思ったより狭いので広く変えたいなどといった設計変更になると、それこそ一大事になります。この段階では、すでに設計段階で決めた仕上げ材や内部建具などは発注済みです。現場に納品されていないものでも変更のためにキャンセルをすれば、キャンセル料を請求されるので工事費が加算されてしまいます。そもそも部屋の大きさを変えることは、建築確認申請の図面を変更しなければならないので、場合によっては建築確認の出し直しとなる恐れがあります。建築確認の出し直しとなれば、2~3週間は現場が止まってしまうので、大変なことになるわけです。

予定どおりに手配していた大工などの職人は、数日現場がストップすると他の現場を優先してしまうことになるので、戻ってくるまでの間、現場が止まってしまうことにもなります。結局、着工してからの変更は、施主にとってはいいことは一つもありません。設計段階で十分な検討をしておくことが大事なのです。工期が遅れ、応援の大工(職人)が入ると、現場は大混乱。現場の工期が遅れる理由には、施主側の理由とハウスメーカー側の理由の二つがあります。
もしもの時でも燃料配送をしてくれる企業とは本当にありがたい存在だと思います。燃料が無くなってしまえば何もできなくなってしまうという企業や工場などもあるのではないでしょうか。


What's New
2014/08/26 おすすめ記事を更新しました。
2014/08/22 新着記事を更新しました。
2014/08/21 完了検査済証を更新しました。
2014/08/18 建物の規模を更新しました。
2014/08/16 ハウスメーカーの決算を更新しました。
2014/08/14 厳しい工期を更新しました。
2014/08/13 家つくりは簡単に作り直しができないため、厳重に管理をするを更新しました。
2014/08/10 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
八王子 高尾 西八王子の不動産(賃貸・売買) - 葵不動産 八王子市の住宅~事業用物件など、ご相談くださいとやま住まいネット大阪市住まい公社
最近、駅前再開発の進む八王子にあって、昭和50年の創業から地元で親しまれてきた不動産屋さんです。こちらのサイトは、とやま県のいい住まいを探すのにもってこいのサイトで、スマートフォンにも対応してます大阪市のいい住まいを探すならこのサイトでいろいろな物件を探せば悪い物件には当たりません、最高ですよ。